スマホ

第4のキャリア楽天モバイルの料金プランが発表!特徴をまとめました

第4のキャリア楽天モバイルの料金プランが発表!特徴をまとめました

本日3月3日、楽天モバイルの料金プランが発表されました!

 

楽天モバイルは、docomo、au、softbankに続く第4のキャリアとして注目されてきましたが、本日ついにその内容が公式に発表されました。4月8日サービス開始です。

その最たる特徴は月額2,980円という価格です。

他にもどんな特徴があるのか、3月3日に発表された情報をまとめてみます。

 

第4のキャリア楽天モバイルの料金プランが発表!特徴をまとめました

さて、発表された楽天モバイルの料金プランはなんと1つしかありません。

その名も、「Rakuten UN-LIMIT」(楽天アンリミット)。

特徴は、

  • 月額2,980円(1年目は300万人限定で無料)
  • 国内のデータ通信使い放題
  • 国内の通話かけ放題
  • 最低利用期間(2年縛り)なし
  • 楽天ポイントアップ対象
  • Androidのみ(iPhone非対応)

それでは1つずつ補足していきます!

月額2,980円(1年目は300万人限定で無料)

楽天モバイルは、月額2,980円(税別)です。

キャリアの価格設定としては破格ですね。docomo、au、softbankの半額程度の価格設定じゃないでしょうか。

なお、料金プランはこれ1本だけなので、非常に分かりやすいですね。

 

しかも、1年目は300万人が月額無料で使えます

1年間ずっと無料ですよ。とんでもないことやってくれますね。

申し込みは本日3月3日 16:00からスタートしたのですが、このキャンペーンのせいなのかアクセス過多のため全く繋がらない状態です。

深夜(23:00)になっても全く繋がりません。

楽天モバイル1

いやはや、注目度としては大成功ですね。

この300万人という枠は増減する可能性があるようですので、申し込みが殺到すれば枠が広がるかもしれませんね。

 

さて、それではプランの内容を見ていきましょう。

国内のデータ通信使い放題

楽天モバイルは国内のデータ通信が使い放題です。

これだけ見ると非常に素晴らしいですよね。ただし、コレには罠がありますので注意です。

 

使い放題になるのは、楽天モバイルの純回線のデータ通信だけです。

 

「???」

とハテナマーク浮かぶ方も多いと思いますが、

実は発表された楽天モバイルのデータ通信対象エリアは、ほぼ大都市圏(東京近郊・大阪・京都・名古屋の中心部)のみです。

つまり、大都市圏以外の地方の人は、楽天モバイルの純回線での通信がほぼできません。

 

となるとどうなるか?

実は、楽天モバイルはauとパートナーを組んでいて、楽天モバイルの独自回線が使えないエリアはauの回線を借りることで通信できるようにしています。(ローミング)

 

で、このauを借りたローミングですが、なんと月の上限が

2GBまで

となっております。

つまり、地方の人間は実質月2GBしか使えないプランというワケです。

これで安い理由が分かりましたね。

楽天モバイルは大都市圏在住者が優位のキャリアということになります。

 

もっとも、これは3月3日発表時点のハナシなので、サービス開始の4/8以降は順次楽天モバイルの純回線対象エリアが広がっていくと思われます。

それまでは、地方の人はガマンですね。

 

なお、データ容量を追加することもできますが、1GBあたり500円(税抜き)です。ちょっと高いですね。

データ容量を追加しない場合は2GB使い切ると128kbpsに制限されます

 

国内の通話かけ放題

楽天モバイルは、Rakuten Linkアプリを利用して通話することで国内の通話が無料(かけ放題)になります。

もちろんSMSも使い放題です。

ただし、Rakuten Linkアプリを使わない場合は30秒あたり20円の通話料が別途かかります。

 

最低利用期間(2年縛り)なし

楽天モバイルには最低利用期間(他社でいう2年縛りなど)がありません

いつやめても損しないという点は精神衛生上良いですね。

これは手放しで嬉しいポイントです。

 

楽天ポイントアップ対象

楽天モバイルユーザーは、楽天のポイントアップサービス「楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)」が+1倍になります。

日ごろから楽天市場で買い物をする人には地味に嬉しいですね。

ザクザクポイントがたまりそうです!

 

Androidのみ(iPhone非対応)

3/3発表時点では、楽天モバイルの対象機種はAndorid端末のみで、iPhoneは非対応とのことです。

これはiPhoneユーザーには残念なお知らせになってしまいました。

楽天モバイルを楽しみにしていたiPhoneユーザーも多いと思います。

 

ただ、これは3月3日時点の情報なので、今後iPhoneに対応してくれる日が来ると思います。その日まで待ちましょう!

 

以上が3月3日に発表された内容のまとめです。

 

現行の楽天モバイルMVNOの受付は4月7日で終了

4月8日より楽天モバイルのキャリア(MNO)としてのサービスが開始するため、現行のMVNOのサービス受け付けは4月7日をもって終了となります。

現行のMVNOサービスを使っているユーザーは、今のところプラン変更しなくても現行のサービスを使い続けることができますが、いつまで使えるかは未定です。

 

なので、現行のユーザーは現プランのまま使い続けるのか、それともMNOのプラン(UN-LIMIT)に乗り換えるのかを選択する必要がありそうです。

 

まとめ

楽天モバイルのMNOとしての料金プランが発表され、ネット上では大きな盛り上がりを見せています。

何といってもキャリアで月額2,980円という安さ、そして1年間無料というのは多くの人の予想の斜め上を行く発表だったかと思います。

 

現時点では、大都市部以外の人は”待ち”のほうが良いと思いますが、1年間無料で縛りも無いので試しに申し込んでみるのも十分アリな気がします。

 

私は、どうしようか考え中です…。

といっても、今はアクセス過多で公式サイトに繋がらないんですけどね(笑)。

 

2020年4月8日追記:正式にサービス開始しました

4月8日に正式にサービスが開始しました。

併せて、月のau回線のデータ量が月2GB⇒月5GBに拡張、速度制限が128kbps⇒1Mbpsに強化されています。

4月8日楽天モバイルのサービス開始!データ容量が月5GBにアップ
4月8日楽天モバイルのサービス開始!データ容量が月5GBにアップ4月8日、楽天モバイルのサービスが開始しました。と同時に、楽天モバイルのプラン「Rakuten UN-LIMIT」がバージョン2.0にアップグレードしたので、今一度プランの内容を変更点とともにまとめます。au回線のデータ通信量が月5GBに、そして超過時の速度制限が128kbps⇒1Mbpsに強化されています。...