スキャナー・プリンター

プリンターの純正インクが高いならリサイクルインクで節約しよう!

プリンターの純正インクが高いならリサイクルインクで節約しよう!

プリンターのインクって高くないですか!?

 

カラーと白黒両方のインクを純正品で買うと、モノによっては5千円くらいしますよね。

まる太
まる太
めっちゃ高い…。

 

とりわけ、本体価格の安いプリンター(1万円前後のプリンター)の場合、インク代が高くなる傾向があります。

プリンターの本体価格を安く設定することでプリンター本体を買いやすくして、インク代で元を取るっていうビジネスモデルだからなんですね。

 

純正インクが高い時は、リサイクルインクを買うって選択肢もあります。

純正品ではないですが、純正品と互換が取れたインクなので、ほぼ同等に使えますよ。

 

プリンターの純正インクが高いならリサイクルインクを使うのもアリ!

リサイクルインクはいくつかのメーカーが取り扱っていますが、代表的な3社をピックアップしてみました。

 

純正品とリサイクルインクの価格を比較

我が家で使っているプリンターは、8,980円で購入したCanonのMG3630です。

以下の記事で紹介していますので、よろしければ併せてご覧ください。

安いプリンターを買う際はランニングコスト(インク代)に注意しよう【デメリット】
安いプリンターを買う際はランニングコスト(インク代)に注意しよう【デメリット】自宅で年賀状を印刷するにはプリンターは欠かせないですよね。プリンターの値段もピンキリで、安いものだと1万円以下で買えるものも多いですが、実は格安のプリンターにはインク代が高めに設定されている場合があります。インク代が高いと、その分だけランニングコスト(維持費)が高くなってしまいますので、プリンターを買う際はインク代がいくらなのか?を必ず確認した上で購入を検討してください!...

 

MG3630は1万円以下にもかかわらず、プリンターとしての機能は十分です。

ただ、インク代がべらぼうに高いです。

 

MG3630のインクは大容量・標準容量の2種類があるのですが、大容量を買うと白黒・カラー両方合わせて5千円以上します。

まる太
まる太
インクで5千円…

 

大容量は高すぎるので、とりあえず標準容量をケー〇デンキで買ってきました。

MG3630インク1

 

価格は白黒インク(型番:BC-340)が1,786円、カラーインク(型番:BC-341)が2,006円計3,792円でした。

MG3630インク2

 

純正インク(標準容量)だと値段はこのくらいです。

4,000円弱ですが、これでも高いですよね。

まる太
まる太
純正インクを買い続けるのは財布的に厳しいです…。

 

そこで、リサイクルインクとの価格を比較してみます。

インク革命.comは品揃えが業界No.1なので、インク革命で検索してみました。

 

検索窓から「mg3630」と検索すると、ヒットしましたね。

インク3

 

価格は…

インク4

2,690円

 

ケー〇デンキで買ってきた純正品のインクは3,792円だったので、1,000円以上も安いですね。

大容量タイプも4,060円です。こちらも純正品より1,500円くらい安いですね。

純正品を使うことにこだわりが無いのであれば、リサイクルインクなら大体1,000円前後くらいは節約できますよ!

まる太
まる太
ぜひお使いのインク(またはプリンター)の型番でインクの価格を調べてみてくださいね。

 

リサイクルインクの品質は大丈夫なのか?

ただ、いくら安くても気になるのが品質ですよね。

でも大丈夫です。先ほど紹介しました3社はいずれも保証がしっかりと付いています。

正常に印刷できなかったり、インクカートリッジを認識してくれないなどの不具合があっても、すぐに交換してもらえるので安心です。

しかも、万が一インクカートリッジが原因でプリンター本体が故障した場合も、修理費用を保証してくれますので、これも心強いですよね。

まる太
まる太
しっかりとした保証があるので、リサイクルインクに抵抗がある方でも安心して使えますよ。

 

「純正品じゃなきゃ絶対ヤダ!」という方以外は、ぜひ一度リサイクルインクを試してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

プリンターの純正インクが高くてお困りなら、リサイクルインクを使ってみるのがおすすめです。

今回紹介しました3社は、いずれも1年もしくは2年保証が付いていますので安心して使えますよ。

モノによりますが、大体1,000円くらいは安くなると思いますので、まずはぜひお持ちのプリンターの型番で検索だけでもしてみてください!